タグ「ACT」を含む記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[スポンサー広告]

--年--月--日 トラックバック:- ツッコミ:-


元祖じゃじゃ丸くん

「じゃじゃ丸くん」といえば「忍者じゃじゃ丸くん」を思い浮かべる人が圧倒的に多く、シリーズの他の作品はマイナー、というかシリーズ展開していたことすら知らない人もいるような気が。

元々は「忍者くん」と、その続編で「忍者くん阿修羅ノ章」という、上下にスクロールする中で敵を殲滅していくアクションゲームがありました。
次いで、「忍者じゃじゃ丸くん」。
その後は、アクション性やキャラクターグラフィックはそのままに横へ横へスクロールしていく「じゃじゃ丸の大冒険」。
何をトチ狂ったのか「じゃじゃ丸忍法帳」でドラクエ風味のRPG化。
その反省を生かしたのか「じゃじゃ丸撃魔伝」ではアクションに復帰、といってもアクションRPGで、武器はヨーヨーのようなの。
FC最後のじゃじゃ丸ギャラクシーもとい、「忍者じゃじゃ丸銀河大作戦」はスーパーマリオになってました。
他は未プレイですが、GBとSSにも1本ずつ出てるみたい。画像見る限りではGBはマリオランドちっくで、SSは3Dですね。

と、シリーズを説明するのも、「元祖~」はRPGでもマリオでもない、おなじみの「忍者~」システムではあるのですが、「忍者~」と「元祖~」は違うんです。

章分けされていて、各章4ステージ。
4ステージ全てで条件を満たした上でクリアすると新たなステージに。
上へと強制的に進むトラップステージをクリアしてボスステージ。
スクロールしない1画面で、体力のあるボスを倒せば次の章。

と、元祖を謳いながらもジャレコのチャレンジフルな精神は押さえられなかったようで、随分違います。
トラップステージもボスステージも面白いですよ。面白いけど面倒というか、無くても良かったというか、「忍者~」自体がベタ移植でも充分楽しめただろうってくらい面白いので、なんというか蛇足な…。

満たす条件ってのは、サクラ姫の落とす花びらを集める事です。
「忍者~」ではおまけステージの条件でしかなかったそれが、「元祖~」では必須の条件になってます。
特定の時間を経過させないと花びらを落としてくれないので、タイムアタックできませんです。
花びら取らなければ、延々と同じステージを繰り返す事ができ、その間もスコアは普通に加算されていくので、スコアの意味がないです(1章だろうと何十万点でも稼げる)。

それら以外では、スワンの画面には4層が収まりきらず縦スクロールしてますが、大体同じです。
フロアが4層に区切られ、各層に敵は2体で計8体。
所々に壊せるブロックがあり、たまにトロッコや爆弾や(飛距離の伸びる)手裏剣などが出現。
上部にナマズ太夫とサクラ姫。
敵を丸呑みできるガマパックンも健在。

難易度、高いです。
通常ステージはそれぞれ敵に合わせたテクニックが必要で、トラップステージとボスステージは覚えゲーって感じで。
コンティニュー回数も限られているので魔界村forWSのようにはいきませんね。

残像の酷さはスワン随一では?
SCでのプレイを激しく推奨しておきます。

今回は、サクラ姫が偽物だったということがなければいいなあ。

--
スポンサーサイト
[モノクロ専用] [ACT] [ソフト]

2008年06月03日 トラックバック:0 ツッコミ:0


ONE PIECE グランドバトル スワンコロシアム

波動拳コマンドのない2D対戦格闘。

これがどうして、スワンの操作性に合ってますね。
基本的にBボタンとそれ以外の組み合わせで技が出せるシンプルさ。
キャラ毎のコマンドの違いも基本的にはないので(一部、必殺技の有無)、楽ちんです。

原作のほうは、作者が楽しもう楽しませようと、やたら芸の細かい描写がされてまして。
このスワンクリスタルはそんな芸の細かさ、がかなり再現されてます。
例えば、サンジが女性キャラと戦うとか、サンジとMr.2が戦うとか、…あれ?サンジばっかだ。
言い換えれば、「どうでも良い」って事なんだけど、楽しもう楽しませようという気概は伝わってきて好感大です。

グラフィックも秀逸。
ドット絵で見事に描き込まれてます。
視認性もグッド。
ジャンプの懸賞で、ワンピースバージョンのSCが配られてますが、SCじゃなくても(WSCでも)充分遊べます。
WSCでも見やすいタイトルとして割りと上位に食い込むのじゃないかな。

60枚の手配書を集めるのが目的になるのでしょうが、厳しいです。
難しいってんじゃなくて、理不尽。
CPUの思考が変わるではなく、攻撃力が変化してます。
 『体力ゲージフルだと思ったら いつのまにかKOされていた』
 な… 何を言ってるのか わからねーと思うが(ポルナレフ略

攻略ですが、時間制限を無しにすれば多分なんとかなります。
ナミとかチョッパーのような攻撃力のないキャラは逃げ回ってなんとかなりました(ボム溜めや回復が可能)。
最後の地下宮殿ステージは、両端から2段ジャンプ下Bで少しずつ削っていくこともできます(ジャンプ中の回避は出来ないので、クロコダイルにもジャンプさせて砂化を防ぐ)。

4ステージ目のミニゲームはうざいですね。
ここで入手可能な手配書は早々に得られるので、やる意味は失われるのに、それでも60秒も費やされる。
ミニゲーム中でもスコアは表示されて判ってるのに、終了後改めて発表される。
ちょっとストレス溜まります。

不満点もなくはないですが、結構な佳作でしょう。
原作しらなくても遊べるし。

あと、レインテンポでナミのパンツ見えます。

--
[カラー専用] [キャラ] [ACT] [格闘] [ワンピース] [ソフト]

2008年05月01日 トラックバック:0 ツッコミ:0


SDガンダム OPERATION U.C.

ジャンルはスクロール型アクション。
実際はむしろシューティングですね。
ガンダム好きなら結構楽しめますよ。

ガンダム、Z、ZZ、逆シャアの四つシナリオがあり、それぞれの中から機体を選んで、機体毎に違ったシチュエーションを展開していきます。
これが割りと長い。途中でセーブできるくらい。
そして、原作の再現度がかなり細かく忠実。
例えば、Zガンダムのストーリーモードは、先ずリックディアス三機が黒いガンダム二機を運ぶデモが流れます。
そしてジェリドがヒルダのカプセルを撃つところからゲームが始まる。
最初のMSはMk-II。物語を展開していくと、レコアが地球に降下したりテンプテーションがメッサーラに追われるデモが流れたり。
時にはフライングアーマーに乗り大気圏突入し、宇宙に帰還するとZガンダムに乗り換えたり。
何が細かいって、月面で戦うジェリドとカクリコンのマラサイなど、重なった状態で、つまり一機しかいないような登場の仕方をするんです。
他にも「やらせはせん」のデモなどがしっかりと再現してあります。
それら再現デモには、セリフなど一切なく、ただ逃げたり庇ったりとMSが動き回るだけ。
ですがこれが、Gジェネレーションのイベントみたいにしつこくなく、極めてあっさりしているのでガノタには丁度小気味良いんじゃないかと思います。

このゲームで特に面白いのはサバイバルモード。
普通のモードでは連邦やエゥーゴ等、主人公側のMSしか使えませんが、こちらはジオン側なども使え数もかなり多い。
その機体で20機のMSと勝ち抜き対戦していきます。
とても熱い。
何故ってボールやゴッグだけじゃない。
プチMSやミドルMSだって使えます。
当然、難しい。
こちらの長さはちょっと遊ぶのに本当に向いてます。

完全にキャラゲーですね。
ガンダム知らない人は手を出さない方がいいです。

--
[ACT] [SHT] [ガンダム] [カラー専用] [ソフト]

2006年06月05日 トラックバック:0 ツッコミ:0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。