スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[スポンサー広告]

--年--月--日 トラックバック:- ツッコミ:-


ファイナルファンタジーII

今更、語る余地などないと思いますが、一応思ったことでも書いてみます。

ファイナルファンタジーシリーズで最も自由度が高いと思う。
シリーズを追う毎にでヌルくなっていると揶揄されても、IIをクリアできなかった人が多いのだから仕方ないような。
雑魚との戦闘もパラメータの上下にワクワクドキドキで楽しー。
リメイクの質も悪くない。いや、良い。
回避率無視のプレイも、ある種の殺伐さが生まれて楽しい。
物凄く男性目線で、女性が軽んじられてるような。
フィン城奪回後も「あらしになって」云々言うレイラさんは絶対壊れてる。最後まで壊れてて欲しかった。

ファミコンでかなりやり込みストーリーはほぼ暗記しているのと、この雑魚戦闘も楽しめるシステムのおかげで、たまに引っ張り出して続きをプレイするみたいな事をしてます。
雑魚戦闘の楽しみすぎで、ステータスと熟練度が高くなりすぎ、逆に雑魚戦闘が楽しめなくなってしまいましたが。
パラメータ下がりにくくしないで、むしろ下がりやすくしてくれても良かったなあ、なんて思ってしまいます。ウボァ。

--
[カラー専用] [スクウェア] [RPG] [ソフト]

2006年07月27日 トラックバック:0 ツッコミ:0


ツッコミ



トラックバック

Ping-URL
http://wonderswan.blog69.fc2.com/tb.php/20-f3cf56a6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。