スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[スポンサー広告]

--年--月--日 トラックバック:- ツッコミ:-


デジタルモンスター Ver.WonderSwan

戦うたまごっち。

デジタルペットというのは多分、休憩時間なんかのちょっぴりな時間で遊べ、触れていない時でも「そこに居る」という存在感が嬉しくて楽しいものだと思います。
仕事中にも邪魔にならない程度で。
そんな性質のものをセーブで中断再開するようなゲームにしてしまうと楽しめるわけがないだろう、と思っていました。
ところが、そんなデジタルペットじゃなくなっていたのですね。

プレイスタイルは恐らく付きっきり。
最も早い時間の進行速度(5段階から随時変更可)で、同時に飼える最大数(8体)を飼うと、次から次へとうんちしたり腹減らしたり運動不足になったり、アラーム鳴りっぱなし。
アクションかってくらいに滅茶苦茶忙しい。
遅い速度で少数飼ったとしても、見ていて面白い動作を取るわけでもなく。
電源入れて放置、というプレイはさほどしないでしょう。

時間のスキップ機能があり、8体まで育成可能なので、成長の楽しみがあまり感じられませんでした。
「さあ何に成長する」という楽しみがないのですよ。
数日を費やしていれば、意図どおりの成長をしなくても「くそー」と思いながら、それまでの時間を無駄にしないように続けられたのですが、それがない。
ポンポンポンと時間を進めて、希望のモノにならなければ次のモノをすぐ育てられる。
1個体に執着できなくて、それがちょっと残念。
で、その代わりなのか、種類がやたら多い。
「さあ、色々なデジモンに進化させてみろ」と言わんばかり。
コレクション好きにはたまらないでしょうね。

一番最初のデジタルモンスターを、高校生の頃に親友と2人で発売日に買い、せっせと競わせた思い出があります。
他のクラスメイトも参加させようと口説いてはいたのですが、結局乗り気な人間がおらず、2人っきりでした。
なんですかね、2人では勝率などの問題から進化に限界があるのですね。
それなりには楽しみましたけど、段々と興が削がれていきまして。
その親友も数年前に事故で亡くなってしまって、1人でもそれなりに進化できるこのゲームが妙に寂しくも感じられます。
しめっぽいのでオフトピック。

--
[デジモン] [SLG] [モノクロ専用] [ソフト]

2006年12月27日 トラックバック:0 ツッコミ:0


ツッコミ



トラックバック

Ping-URL
http://wonderswan.blog69.fc2.com/tb.php/30-306b48c5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。