スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[スポンサー広告]

--年--月--日 トラックバック:- ツッコミ:-


ファイナルファンタジー

今や「リメイク」抱き合わせで語られる■とFFにあって、シリーズ初のリメイク作品にもかかわらず、「PSとGBAと…ああ、そういえばWSにも出てたっけ」と何故か末席に並べられ、挙げ句「WSにまで出してたのかよ」とまで蔑まれる不思議な不思議なWS版FF。

初めてのリメイクについては、諸手を挙げて喜ばれたわけでなく、スクウェアが言うところの「作品」を「商品」にされるようで忌避されてもいたのかな?

兎にも角にもゲームバランスは非常に整ってますね。秀逸。
そもそも最初のFFは「Wizのようなゲームを作りたい」から作ったそうで、その影がパーティ編成以外に、個々のダンジョンなんかにも感じられるなあ。
最深部まで行ってボスを倒す行程を、複数回の探索でやるような絶妙な設定。
1度目は、ボロボロになりポーション使い果たし死ぬや死なざるや、ギリギリの探索だったのが、2度目になると先に得た装備や、敵の行動を覚えられたことで余裕が生まれる。
キャラクターのステータス、プレイヤーの先読み共に、強くなれた実感が得られる。
ごく当たり前の事のようで、ダンジョンRPG以外では失われたゲーム性だと思うんですよ。
FF2や3ですらもう、1度目の探索でクリアできちゃったりするから。

といってドラマを軽んじてるわけでもなく。
僕がFC版で遊んだのは小学生の頃でストーリー理解できてなかったんです。
いや、戦闘に四苦八苦でプレイ時間も限られてて、港町へ行くのに1週間かかったりで、物語を覚えられなかったって理由もあるんですが。
とにかく今こうしてWS版でやりなおして、まさかこれほどしっかり物語があったとは…、と。

少しネタバレ。

DQとは反対に味方になる竜の王とか、エクスカリバーを打つ鍛冶とか、ファンタスティックなだけではないSF色とか、ラスボスにも匹敵凌駕する隠れボス(レアモンスター)とか、後々定番にされていく要素はかなり出揃ってるんですね。
僕がff9までしか知らないからか、ff9の原点回帰だとかと相俟って、ff1がこそ後のffタイトルが目指すゲームみたいだなーと思ったり。

そういえば、FFナンバリングタイトルの内、最も新しいドット絵で作られてるのが、このWSの1と2なんだなあ。

すーぺすんたぼーび

--
[カラー専用] [RPG] [スクウェア] [ソフト]

2008年06月23日 トラックバック:0 ツッコミ:0


ツッコミ



トラックバック

Ping-URL
http://wonderswan.blog69.fc2.com/tb.php/45-cf9c24ba


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。